2012年03月08日

Claudette Soares

今日は心理学とは関係なく(どこかで関係するでしょうが),音楽の話です。

iTunes Storeがオープンして,10年近く経ちます。当時は,品揃えが乏しく,まったく使えるようなものでなかったのを覚えています(少なくとも私はほしいものが見つからなかった)。その頃は,圧縮された音源をデジタルオーディオプレイヤーで聴くか,音質が損なわれないCDで聴くかという選択肢で,世間は盛り上がっていましたが,私は,DOPに移行するどころか,CDにすら移行しておらず,レコードやカセットテープを買っていたので,この話題にはあまり関心がありませんでした。

とは言っても,CDも持っていなくはなかったので,翌年くらいにiPodを買い,それ以降は,なるべくCDを買うようにしています。レコードを高音質でデジタル化するのは面倒なのです。

最近はネットが発達して,iTunes Storeも,以前より高音質でDLできるようになり,品揃えも増えてきて,CDでもレコードでも売っていないものが買えたりするようになってきました。レアなものは,音質を保証する必要がない分,iTunes Storeよりも,YouTubeのほうが多いです。とくに,最近のYouTubeは,大学生の頃から探しているのに入手できないような音源が,少しずつアップされるようになってきて,びっくりしました。

たとえば,これ。



しかし,アップされて4ヶ月経って,この再生回数と高評価1人って・・・。
posted by Dr. Sugamura at 03:35| 大阪 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする