2012年03月01日

セルフケア:24のアプローチ

同僚の串崎先生から,新著『セルフケア:24のアプローチ』(風間書房)をいただきました。続けざまに,本を出版されているので,その速筆ぶりには本当に驚かされます。

「セルフケア」とあるので,広くはセルフヘルプの本(自助本)という位置づけになるかと思いますが,特徴的なのは,それぞれのアプローチごとに,海外の一流誌の最先端の基礎研究がいくつも紹介されている点です。エピローグで,方法の紹介ではなく,「セルフケアをとおして心理学を学ぶという感じ」になったと書かれてありますが,まさにそのような印象をもちました。

きわめて平易に書かれていますが,これは技術ではなく,学問の本なんだと思いました。心理療法は,技術としてではなく,学問として取り上げなければ,臨床心理「学」にはならないと思っていますが,そういう意味で,この本が「セルフケア心理学」と呼ばれるのは納得です。私の臨床心理学の授業の教科書にしてもよかったです。

海外では,最先端の研究が本にまとまるまでに数年,そして,それが日本語に翻訳されるまでに,だいたい10年かかるので,日本の心理学は10年以上遅れていると言われますが,この本では,去年出たばかりのまさに最先端の研究が紹介されています。本邦初はもちろん,海外でも本で紹介されているものは少ないのではないでしょうか。

さて,この本は,5つのセクションからなり,それぞれのなかに,4〜6つのアプローチが書かれてあります。セクションの1と2の違いは,いまいちよくわからないので,セクションはいっそのこと無視して,好きなところから読み始めてもよいように思います。

セクション1は,「お気に入りの場所に行く」から始まり,「からだを温める」「深呼吸する」「おいしいものを食べる」といったアプローチが紹介されています。「お気に入りの場所に行く」から始まるのは意外でしたが,読んでみたら,「自分が安心できる人がいるところに行く」ということでしょうか。アタッチメントをベースにしているため,これが最初に来たのでしょうか。どこかに行く,というのは労力を伴うことなので,なぜこれが最初にあるのか疑問に思いました(実際に行かずに想像するだけでもよいとは書いてありますが)。今度,聞いてみましょう。

米軍は,戦場などで,圧倒されるようなストレスを体験した兵士に対して,PTSD予防のために,まず何をすると思いますか? 戦場に盛んに兵を送り出しているアメリカは,積み重ねてきた現場の経験があるうえに,心理学先進国なので,膨大な臨床知見と研究成果もあります。それを踏まえて,一体何をするのかというと,まず温かい食事を与えて,安心して休める場所を提供するというのです。冷たい缶詰ではだめなんですね。やはり温かくておいしい食事が第一です。

しかし,普段から温かくておいしい食事を食べていて,誰にも襲われないところで安心して睡眠を取ることができる多くの人は,何が第一なんでしょうね・・・。すごくおいしい大好きな料理とか?
posted by Dr. Sugamura at 05:14| 大阪 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする