2011年11月02日

The Toronto Mindfulness Scale

マインドフルネスに関して,これまでにいくつか実験を行ってきましたが,マインドフルネスを「特性」としてではなく,プレポストで変化するような「状態」として測定できれば,と思っていました。

そういう折に,卒論生がToronto Mindfulness Scaleを使いたいというので,開発者のDr. Mark Lau(ブリティッシュコロンビア大学)に,邦訳使用の許可を求めたところ,すぐに快諾をいただきました。

これは,体験への関心と脱中心化の度合いを測定するものです。MBSRを8週間行えば,脱中心化もできるようになるのでしょうが,その場でぱっとできるような実験では,脱中心化の程度は変わらない気がします。しかし,体験への関心は増すかもしれません。

ということで,今回はこれを使ってどういう結果が出るか,楽しみです。
ラベル:研究
posted by Dr. Sugamura at 10:03| 大阪 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする